カプセル内視鏡検査について

常滑 鷹津内科・小児科 カプセル内視鏡について

この検査は小腸の病気や大腸の病気を診断するために行います。

小さなカメラが付いたカプセルを飲み込むだけで後は自動で小腸や大腸の中の写真をどんどん撮ってくれる、素晴らしい検査です。

 

常滑 鷹津内科・小児科 内視鏡検査

小腸は今まであった胃カメラや大腸カメラでは届かなくて、体の中では長い間「暗黒大陸」でした。

しかし、カプセル内視鏡は飲み込むだけで小腸全体の検査ができる素晴らしい検査方法です。

原因不明の消化管出血の場合や、クローン病の方などが検査の対象となります。

常滑 鷹津内科・小児科 大腸検査

大腸の検査は今までにも 大腸カメラやバリウムで行う 注腸検査がありました。どち らも下剤でお腹を空っぽにし た後にお尻から行います。

大腸カプセル内視鏡検査は 下剤の後にカプセルを飲み込 むだけの画期的な検査で、 苦痛や羞恥心から解放されます。

 

今のところ大腸カメラが癒着などで完遂できなかった方や、腹部 手術歴がある方などに保険適応があります。

興味や関心がある方はお気軽にご相談ください!