経鼻型内視鏡

GIF-XP170N

今回は先日から当院で導入した新しい胃カメラGIF-XP170Nについてのお話です。


この新しい胃カメラは経鼻型内視鏡と呼ばれるタイプのもので、文字通り鼻から挿入して胃を観察できます。

先端は直径5.4ミリと細く、従来使用してきた経口型胃カメラ(直径9.2ミリ)と比べてもその細さは一目瞭然ですね!経鼻内視鏡カメラ

加えてこれまで経口型にしかついていなかった画像強調観察技術であるNBI(narrow band imaging)機能も使え、より精密な観察が出来る様になりました。
以前口から受けた胃カメラが辛かった方、セデーション(ボーっとする鎮静剤で楽に受けられる)を使いたいが車の運転の都合などで受けれない方などに是非お勧めです!

次は大腸カメラのお話です。

olimpus-ucr

大腸カメラで腸を観察する場合どうしても気体を注入して大腸を膨らませる必要があります。
大腸が膨らむとなかなか気持ち悪いものですが、当院では大腸を膨らませる場合専用の注入器(UCR)を使用して炭酸ガスを注入します。
炭酸ガスは普通の空気よりも早く腸から吸収されるので、検査の後の不快感も少なくて済むのです!


以上のように、当院では少しでも苦痛を少なく内視鏡検査を受けていただくべく様々準備をしております。
胃腸の検査が必要になったら是非ご相談ください!