代表的な肝臓病であるC型肝炎について

今回は代表的な肝臓病であるC型肝炎についてです。
C型肝炎にかかっている方は全国で100万人~200万人と言われています。
肝臓病はなんでもそうですが、初期には自覚症状がほとんどないため病気であることに気が付いていないことも良くあります。
C型肝炎はC型肝炎ウイルスに感染してなる病気ですが、それが検査で証明できるようになったのは1989年以降です。
それ以前に手術や輸血を受けたことがある方、それ以後でも非合法薬剤(麻薬・覚せい剤など)を注射したことがある方などが感染している可能性があります。
C型肝炎に感染すると、約70%の方が慢性肝炎になり、そのうち3割の方が約20年後に肝硬変・肝臓がんになります。

なんだか怖いですね・・・どうしたらそんな心配がなくなるのでしょう?
それには、まず自分がC型肝炎に感染しているかどうかを調べることが基本です。
血液検査で肝機能検査に異常がある方は、C型肝炎の抗体を調べましょう!
陰性なら心配ありません。
陽性でも、今は内服薬を3か月内服すれば9割近くの方が治ります!
アメリカ製のとても高い薬ですが、保健所で助成制度を申請すれば月の支払いがおおむね1万円で済みます。
心配な方は是非ご相談ください!