炎症性腸疾患

今回は慢性の腸の病気である「炎症性腸疾患」と言う病気のお話です。
炎症性腸疾患は主に「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」と言う二つの病気のことです。
二つの病気はそれぞれ特徴がありますが、似ているところは、ともに慢性の下痢や血便、腹痛や発熱という症状が多いことです。
また、発病年齢も10~30才代という若い方が多いことも似ています。

02

両疾患とも、近年になり患者数が増えています。原因は生活習慣の欧米化などが指摘されています。慢性の下痢が続いたり、原因不明の腹痛、発熱、血便があった場合はご相談ください。