Loading...

Category: 院長だより

骨粗鬆症について

骨粗鬆症について

当院では、今後増加する骨粗鬆症への対策を本格的に始めようと考えております。 骨粗鬆症は65~70歳以上の方は誰でも発症しうる疾患です。 骨は生まれてから生涯にわたり古い骨から吸収されて新しい骨に生まれ…

カプセル内視鏡検査について

カプセル内視鏡検査について

この検査は小腸の病気や大腸の病気を診断するために行います。 小さなカメラが付いたカプセルを飲み込むだけで後は自動で小腸や大腸の中の写真をどんどん撮ってくれる、素晴らしい検査です。   小腸は今まであっ…

経鼻型内視鏡

経鼻型内視鏡

今回は先日から当院で導入した新しい胃カメラGIF-XP170Nについてのお話です。 この新しい胃カメラは経鼻型内視鏡と呼ばれるタイプのもので、文字通り鼻から挿入して胃を観察できます。 先端は直径5.4…

代表的な肝臓病であるB型肝炎について

代表的な肝臓病であるB型肝炎について

B型肝炎にかかっている方は全国で130万人~150万人と言われています。 肝臓病はなんでもそうですが、初期には自覚症状がほとんどなく次第に肝硬変になったり肝臓癌ができたりする怖い病気です。  B型肝炎…

代表的な肝臓病であるC型肝炎について

代表的な肝臓病であるC型肝炎について

今回は代表的な肝臓病であるC型肝炎についてです。 C型肝炎にかかっている方は全国で100万人~200万人と言われています。 肝臓病はなんでもそうですが、初期には自覚症状がほとんどないため病気であること…

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患

今回は慢性の腸の病気である「炎症性腸疾患」と言う病気のお話です。 炎症性腸疾患は主に「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」と言う二つの病気のことです。 二つの病気はそれぞれ特徴がありますが、似ているところは…

院長紹介

院長紹介

昭和44年に福井県に生まれ、地元の藤島高校を卒業後、 京都府立医科大学で医学を学びました。 卒業して臨床研修後、平成13年から名古屋大学消化器内科に入局して消化器内科疾患を中心に臨床経験を積み、博士号…

健診で胃腸疾患が「要精査」になった方へ

健診で胃腸疾患が「要精査」になった方へ

当院では健診後の大腸精査に対応しており、「大腸カメラ」「注腸」 「大腸カプセル内視鏡」等で精密検査が可能です。  大腸の検査となると「つらそう」「痛そう」「・・怖い!」と、お感じの方が多いでしょう。 …

胃や大腸が「要再検」 「要精査」となられた方

胃や大腸が「要再検」 「要精査」となられた方

健診・検診シーズンが始まりましたが、そこで胃や大腸が「要再検」「要精査」となられた方は、その後どうされていますか?  当院では健診後の胃腸精査に対応しており、胃は「胃カメラ」、大腸は「大腸カメラ」「注…

健診・検診シーズン

健診・検診シーズン

健診・検診シーズンが始まりました。毎年、春と秋が多い時期で、職場や病院・診療所で受けられる方が多いと思います。  特に体調が問題なくても検査を受けるのはちょっと面倒と思う方もいらっしゃると思います。 …